ホーム > メディアセンター > ニュース

上海大学国際教育学院は国際朗読コンテストを開催

study-shanghai.org 29-06-2018

「クラシック中国語作品を読み、魅力的な中国を体験」をテーマとした上海大学国際朗読コンテストが上海大学の宝山キャンパスで行われた。中国文化を継承し、中国文化の国際的影響力を高めることを目的としたイベントである。

同コンテストには指導先生と学生が組んだ16チームが参加した。朗読した作品のジャンルが多種多様。参加者は悲しい愛情詩や、志が込められる現代詩、壮大な古文などを朗誦して、観客からの熱烈な拍手を博した。

同コンテストで優勝した莫天南さんは、指導先生の周梅さんと協力して「詩歌中国」という詩歌を朗誦して、中国文化への愛を表した。

二つのチームがそれぞれ朗読した「遠方」(遠方へ)は二等賞を獲得した。その一つチームは成長への悟り、もう一つチームは盛んな気勢で未来の明るさを伝えたという。

三等賞は三つのチームに与えられ、それぞれ「面朝大海、春暖花開」(海に向かい、春が暖かくなり、花が咲く)「郷愁」(ノスタルジア)「但願人長久」(平穏無事を願う)を朗誦した。

また「江南的雨」(江南の雨)を朗読したチームは、パフォーマンスに江南の特色が込められ、朗読者は江南スタイルの服を身に着けて、江南女子に変身し、江南ならではの風格を呈し、観衆に視覚と聴覚の楽しみをもたらした。