ホーム > 博物館
  • 上海大自然野生昆虫館25-09-2017

    上海大自然野生昆虫館は陸家嘴浜江大道に位置し、東方明珠電視塔に隣接し、旅行、観光、科学普及、教育を一体化した国内初の昆虫生体展示館である。昆虫館の総合展示面積は二千平方メートル以上、田園、水城、砂漠、雨林、島、沼など十数の昆虫園と蝶々園がある。...

  • 中国武術博物館25-09-2017

    中国武術博物館は2007年11月10日に上海体育学院に落成。武術博物館は上海体育学院総合館内にあり、総合面積2000平方メートル。現在まで世界初の全方位から武術歴史と文化を展示する博物館である。中国武術博物館の建設は伝統文化の発展と民族精神の育成に対して重要な戦略意義がある。...

  • 上海当代美術博物館25-09-2017

    上海当代美術博物館は2010年上海万博の城市未来館に選ばれ、中国大陸初の公立当代美術博物館であり、美術展覧、収蔵、研究、交流、体験教育などの機能を一体化した都市公共文化活動センターのシンボルである。...

  • 中華芸術宮25-09-2017

    中華芸術宮は2010年上海万博の中国館に選ばれ、展示面積は6.4万平方メートル、陽光展覧ホール、テーマ展覧ホール、「名家館」など27つの展覧ホール及びメディア報告ホール、公共芸術図書館などの機能施設があり、559平方メートルの飲食スペースではコーヒー、洋食、お茶などのサービスを提供している。...

  • 上海音楽学院東方楽器博物館25-09-2017

    東方楽器博物館の各楽器の収蔵は400点以上。中国古代楽器、中国現代楽器、中国少数民族楽器と外国少数民族楽器の四つの部分に分かれている。...

  • 上海工芸美術博物館25-09-2017

    館内には彫刻、刺繍、民間工芸の三つの展示館を設けている。現在の収蔵はおよそ300点。...

  • 上海動漫博物館(上海アニメ漫画博物館)25-09-2017

    上海動漫博物館はアニメの由来、分類、芸術形式及び製造原理を展示し、展示館は合計3階あり、漫画館、動画館、アニメ発展廊下、コミュニケーション体験館、多機能3D映画館と臨時展エリアが含まれ、敷地面積約7000平方メートル、展示品と収蔵は一万点を超える。...

  • 石庫門博物館(『屋里廂』)25-09-2017

    屋里廂は上海語で「家」の意味。「到屋里廂来座座」と言うのは家に入らないかという意味。英語の「Openhouseオープンハウス」は「近所のだれでも来客を気軽に迎えてもてなす習慣で、「Openinvitation」の形を引き継いで「Openhouse」と呼ぶようになった。...

  • 中国藍印花布館25-09-2017

    藍印花布は歴代の中国庶民の中で最も普及していた手織りの、全手作りの天然植物染料印染の紡績品である。見た目はシルクほど豪華ではないが、芸術的成果からみると、まったく劣っていない。...

  • 黄道婆記念館25-09-2017

    またの名を「黄婆」、「黄母」、現在の上海市の徐滙区華涇鎮出身。宋の末期から元の初期の綿紡績家、革命家。先進的な紡績技術を教え、先進的な紡績工具を普及したため、一般人に尊敬されている。清の時代になると、機業の始祖とされた。...

  • 上海マダム・タッソー蝋人形館(上海杜莎夫人蝋像館)25-09-2017

    マダム・タッソー蝋人形館の作るセレブたちの蝋人形は生き生きとして、世界的に有名である。7つのテーマ展示エリアは舞台裏」、「上海の魅力」、「歴史上の名人」、「映画」、「音楽」、「スポーツ」、「スピード」の七つに分かれている。...

  • 上海中医薬博物館25-09-2017

    上海中医薬博物館の敷地面積6413平方メートル、展示エリアの敷地面積4000平方メートル、館蔵品は石器時代から現代中医薬文物が14000点以上。漢方薬標本館は漢方薬と漢方製剤を3000点以上所蔵しており、漢方薬の形、効果や漢方薬の科学知識が紹介されている。...

  • 上海航天科学技術展示館25-09-2017

    上海航天科学技術展示館は上海市漕河涇ハイテク開発区に位置し、敷地面積1000平方メートル以上、展示館は上海宇宙飛行のミサイル、宇宙船、衛生、ロケットの四大シリーズ製品と上海宇宙飛行専門家などのエリート代表が展示されている。...

  • 上海科学技術館自然博物分館25-09-2017

    上海科学技術館自然博物分館(元上海自然博物館)は1956年に創立し、1958年に現在の場所(延安東路260号)へ移転した。1960年中国科学院院長郭沫若が館名を書き、有名な科学者談家楨院士はかつて館長を務めた。...